Genesis – Dodo / Lurker

Abacab 5曲目、アナログだとここからB面です。

7分以上ある大作ですが、2曲のメドレー的な構成になってます。おそらく後半のシンセソロからがLurkerですね。

で、このタイトルは何なのか? まず、Dodoってどこかで聞いたことがあるなと思ったのですが、不思議の国のアリスですね。昔実際にいたけど17世紀に絶滅しちゃったとか。

ではLurkerは何? ネットで調べると、SNSなどのリードオンリーメンバーって出て来るけど、何か違うな。そもそもLurkerの本来の意味は「潜む人」ということで、ん? これDodoど同様の存在なんじゃないか? とlurker monsterで調べると、禍々しいイラストがたくさん出てきます。こっちだな。クトゥルフ系な感じ、アメコミなんかで出てきそうなやつです。

そんなことを想像しながら聴くと、なるほどってなサウンドではありませんか?

ギターが結構活躍していますが、激しい所と静かな所があります。静かな所、いちおうは弾けるんだけど、なんかジェネシスのノリになってくれませんでした。

Lurkerの方のシンセ、とってもジェネシスっぽい特有の音色なんですけど、どうやってるのかな。ピッチに不安定な感じがする音色なんですが、これ、オシレーターを2つ使っていて、ポルタメントのスピードを変えてるんじゃないかな。

終盤はボリュームMAXの大団円です。オルガンとチューブラベルが入ってるサウンドです。しかし、フィルの声はこの大音量にも負けていません。すごい。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です