Genesis – Me And Sarah Jane

Abacab 3曲目です。

トニー・バンクスの作品。Abacabには変な曲が多いです。なんか意図的に変な曲作ってますね。そこがプログレッシブなんでしょうけど。この曲もそう。

曲全体として繰り返し構成がなくて、ジェットコースターのように目まぐるしく変化していく曲。異色ですが、ジェネシスっぽくて結構好きです。

歌詞の内容に興味があったのですが、結局よくわかりません。
英語の掲示板に
This song describes a man’s descent into insanity, thickly concealed with metaphor.(意訳:次第に正気を失っていく男をオブラートに包んで比喩的に表している。)
という書き込みがあったのだけど、どうなんでしょうね。

最初と最後にリズムボックスが使われています。この時期の得意技。ただ、手持ちの音源に都合の良いドラムセットはある訳もなく、ゆえに、これを意図的に再現するのは非常に大変。MODXのEditorでドラム音源のすげ替え、編集には時間がかかります。

YAMAHAのエレクトリックグランドピアノが全面使われていますが、なんか変態チックな和音なんだよなぁ。これにPad系と微かなギターが絡みます。リズムキープはリズムボックスでやっていて、ドラムはフリーなパーカッション的に遊んでます。

小節No.27からベースが入り、落ち着いたサウンドに。でもすぐに怪しくなって、得意のシンセリードのソロへ。

この辺のアンサンブルはジェネシス、というかトニーバンクスの十八番ですね。

No.52からしばらくギターが裏ノリでスカみたいな感じになります。ここも単純な8小節パターンじゃないので、最初戸惑いますね。

No.98からはまたムードが変わってお花畑みたいな雰囲気になります。ここの要はキラキラしてるシンセで、正規の音源では何やってるんだかよくわからなかったんですが、Three Sides Live聴いてやっと分かりました。Roundaboutの終盤前のような高速アルペジオですね。

No.114からは終盤戦。ギターの音色が変わってリードになります。

ベースが同じ音が継続していて、その上をコードが滑っていくパターンですね。

エンディングはリズムボックスが復活し、ピアノでゆっくりとメロディを奏でて終了。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です