Steely Dan – Everything You Did

Steely Dan9曲目。アルバムRoyal Scamより。

アルバムのラスト近くで淡々とやっている印象です。
繰り返しも多く、ピアノなど、通常は同じフレーズでも適当にオカズとか入れながら変化をつけそうなものですが、この曲は結構タイトに同じ弾き方を繰り返しています。

とにかく目立っているのはラリー・カールトンのギターですね。


イントロなど、ギターが無ければこの曲になりません。メインのフレーズには大部分、1弦も同時に弾いていて、ギターならではのフレーズになっています。

最後の2小節は1弦の開放と2弦5フレットで同じ音を鳴らしてます。
というか、1弦の開放を鳴らした後、素早く2-4弦を押さえてアルペジオするんですね。スリリングです。

歌のバックは3弦チョーキング+2弦で同じ音を鳴らして唸らせます。これはよくやるヤツ。

同じフレーズが4回も続くので、ギターなし、ギターあり、オルガン入り、オルガンのレスリーのスピードなどでなんとか変化をつけます。

さて、注目の間奏ギターソロなんですが、むむ、なんだこれ。
2回、5拍子になる部分があってそれだけでも変態チックなんですが、不思議さはそんなものではありません。

前半部分のふにゃっ~となる感じ、チョーキングかなと思いきや、このピッチの揺れはそうじゃなさそう。これ、短いスライドバーを指にはめてフレーズの一部だけをスライドでやってるんじゃないかなぁ。ただ、そうだとしても、どうにも左手の運指がありえないような音程のとり方になっている??

変則チューニングなんだろうかと色々悩んだ挙句、僕は2回弾いて重ねるという暴挙を行いました。もしスライドチックな部分をチョーキングでやっているなら驚異のピッチコントロールと思わざるを得ません。

いろいろ謎です。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です