Steely Dan – Don’t Take Me Alive

The Royal Scamの3曲目

前回とは打って変わって、ギター弾きまくりです。
このアルバムのラリー・カールトンはいいなぁ。

邦題は「最後の無法者」、原題の意味は「オレを生捕りにするな」ってところかな。

冒頭はジミヘンコードによる前振り。本当は全部音を伸ばしたいところなんだけど、指5本だと難しい。Gコードで6弦から3弦まで弾いて、小指を1、2弦の6フレットに移動。4弦の音がそこで途絶えてしまうのだけど、これでいいんですよね。

ギターが唸り声をあげ、前奏に突入しますが、どこが小節のはじめか戸惑います。この曲全般的に半拍喰ってる所が多いのでそれもあって分かりづらいのですが。まぁ分かってしまえばなんてことはないんだけど。

で、そのギターの入りは1弦2弦を同時チョーキングします。以下、音使いがヌルヌルっとしていて、これ、スティーリーダンでのラリー・カールトンでも屈指の名演じゃないでしょうか。

通常、曲は8小節単位で構成されることが多いですが、この曲はさらに2小節オマケがついています。そこを余すところなく使い切るフレージングが憎いですな。

歌に入り、ブルージーな普通の曲と思いきや、小節No.29~31のようにぐいぐい上がっていく展開はやはり尋常じゃないな。

サビも、No.44~45にかけてたたみかけるように登って行って、No.46でルートに落ち着きますが、そこもsus4になっているという仕掛け。

間奏で曲調を変えますが10小節と割と短く最後のサビへ。

最後にイントロ並のギターソロが欲しい所ですが、意外とあっさりと終わってしまいました。

まぁそれでも余韻のギターがしつこく引っ張ってますね。暴れたりなかったのかな。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です