King Crimson – 21st Century Schizoid Man

みんなが知っていてプログレの代名詞になっている曲です。ですが、この曲の再現はなかなか難しいですよ。

僕が初めて聴いたクリムゾンは4枚目のアイランズで、デビューアルバムは太陽と戦慄が出る少し前に聞いたのですが、「あ、キング・クリムゾンってこういうバンドだったのね」というのが最初の感想。アルバム毎に違う顔を見せていた彼等ですが、ファーストアルバムはやはり特別です。

21st Century Schizoid Manはライブでも演奏されて来ましたが、でもなんか違う。カバーバンドでも取り上げられることが多い曲ですが、この曲に関して満足できる音に出会ったことがありません。それはおろか、キング・クリムゾン自身の演奏であっても、「あのサウンドじゃぁない」って思い続けて来ました。

やはり、ファーストアルバムにしかいないイアン・マクドナルドのサックスの存在は大きいのです。

僕も、無意識にこのファーストアルバムの曲は避けていたのではないかと思います。(まぁエピタフとクリムゾンキングの宮殿はベタ過ぎてやる気は起きないですが・・・)

でも、DAWでブラスの音も気軽に使えるようになったし、試しに冒頭のブラスを打ち込んでみました。最初はメインの旋律だけ単音で。

じゃーんじゃじゃじゃんじゃっじゃーん!
だーーーだーーーだーー

うん、こんなもんかね。やっぱうまくいかないね。

オクターブ重ねるとそれっぽいのかね。
ギターって目立たないけどどう弾いてるのかな。単音じゃないね。あー、パワーコード的に弾くのか。

ちょっと発見したのは、

じゃーんじゃじゃじゃんじゃっ「じゃーん!」
この最後の部分はブラスのメロディだと上がるけど、ギターをパワーコード的に弾くと下がるのね。

で、ギターはギンギンに歪ませる。
なんかちょっと似てきたかも。でもなんか足りない。

で、よく聴くと、ブラスって単音やオクターブユニゾン以外に3度上でハモリが入ってますね。マクドナルドは少なくとも3回は音を重ねてるみたいですね。

お、似てきたかな?
オープニングの重厚なサウンドは、ちゃんとしたブラスセクションとギンギンに歪んだギターを重ねて初めてあの感じになるんです。

ということで、サウンド的になんとかなりそうだったので、通しでやってみることにしました。

ドラムの録音もディレイが入っていて特徴的なんですが、16分音符の長さでディレイしていて、歌でドラムなしになってそれが復活する部分でそれが顕著です。それも再現してみました。

ギターソロはこれぞフリップ節炸裂です。でかい音でアンプを鳴らしてフィードバックかけないと音が持続しないので、それが出来ない宅録にはつらいですね。
チョーキングの次の音がそのままベンド(下げる)してる部分があって、これは2弦いっぺんにチョーキングしているのか、ライトハンドでフレットをタップしたままチョーキングを戻すことによってベンドさせているのかのどちらかだと思うのです。そこはうまく行きませんでした。

ギターもそうだけど、サックスをむちゃくちゃ吹きまくる音は打ち込みではなかなか作れないです。ここはご勘弁。

後半の聴き所は全員そろって速弾きする部分ですね。これリアルタイムはムリ。「高度なテクノロジー(笑)」使ってますよ。
ちなみにこのテンポを落として弾くゴマカシですが、2倍まで遅くすると、テンポを上げたときギターの音の質感が変わってしまい、とても不自然になります。なので、2倍以下に収まるように頑張って弾くように心がけています。

テンポといえば、この曲はテンポチェンジも多い曲ですし、隠し味的なテンポチェンジがあります。ギターと歌だけになる部分って少しテンポが遅くなっています。聴きなじんでいる曲なので、体が覚えている感覚でギター弾くとドラムが復帰した時点でずれているのです。そこで、メトロノーム音を出して同じテンポで弾いてみたのですが、違和感がありました。なので、そこは微妙に遅く設定。無意識だったのですが、歌の部分は少し遅いのですね。

以前に別の曲で、拍子がない部分が一番苦労する、というようなことを書いたのですが、この曲のエンディングがまさにそれ。加えて「むちゃくちゃに弾く」というのがとても難題。ここもなかなかうまくいかなかった部分です。

うーん、やっぱり色々ダメですね。
でも冒頭のサックスのアンサンブルとギターは、なんとかなったかな?


2019/11/06追記

1ヶ月ほど前に突然YouTubeから著作権違反という事でブロック(削除ではないが再生出来ない状態)されてしまいました。King Crimsonデビュー50周年のエディションが発売されたのでそのタイミングなのではないかと思います。Jasrac的にはカバー投稿OKのはずなので、異議申し立てというものを行いましたが、敢えなく却下されてしまいました。

JamStudioに投稿したところ、運営さんから問題ないとのお墨付きをいただいたので、音源のリンクを貼っておきます。

https://jamstudio-music.com/webapp/page/95760C11-12FE-4F03-A4D7-C99D28791297

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です