月別アーカイブ: 2014年10月

Cubase、テンポを落として録音したときのリズム補正

ギターの上達ノウハウ本などに、「自分の演奏を録音して客観的に聴くと、弱点が分かるよ」って書いてあります。宅録やってると、否応なしに自分の演奏を聴くことになるわけですが、これ結構精神的につらいものがあります。
僕の場合弱点だらけなんですが(笑)、特にリズムが酷い。なので、Cubaseのオーディオクオンタイズとか、オーディオワープというリズム補正機能をとてもよく使います。
クオンタイズをつかうと、ノリとかグルーブ感が失われてDTM特有のロボットみたいな演奏になっちゃうよって言われますが、僕は、リズムが明らかにずれてるよりは絶対にマシだと思ってます。
というわけで、オーディオワープはお友達です。 続きを読む

The Beatles – Penny Lane

本日2本目です。ストロベリー・フィールズ・フォーエバーと両A面扱いのカップリング曲、ペニー・レインです。

ストロベリー・フィールズがジョンの作品で、こっちはポールです。

1年ほど前に打ち込みしていたのですが、出来がイマイチでずっとお蔵入りしていました。今回気合を入れて、大幅手直したのでアップロードします。
続きを読む

The Beatles – Strawberry Fields Forever

ビートルズ、サージェント・ペパーズ・ロンリー・ハーツ・クラブ・バンドのセッションにて、アルバムに先立って発売されたシングル、ストロベリー・フィールズ・フォーエバーです。

アルバムとしてはマジカル・ミステリー・ツアーに入ってますが、これはもともとEP版だったマジカル・ミステリー・ツアーをアメリカで発売するにあたってB面にこの時期のシングルを入れてアルバムの体裁にしたものです。 続きを読む

Cubase、オートワウの設定

Cubaseで音作りをする中で使った小技で、役に立ちそうなものを1つを紹介します。今回は、ギターのオートワウ。

宅録でDAWを使う利点として、ギターのいろんなエフェクターが使える・・・というのがあると思いますが、ワウワウってどうすればよいのでしょう。

Cubase付属のギターエフェクタVST Amp Rackのプリセットを試すと、Wah Wahが付いてるものがあります。でもこれ、どうやって使うんだろう?マウスで画像のペダル部分をグルグリすると、確かにワウがかかります。これを外部から制御してやればよいのかな?MIDIのフットペダルとか買わなきゃいけないのかな?
あ、キーボードのモジュレーションホイールに割り当てればよいのか?でも演奏しながら足でホイールなんか動かせないよな(想像するとかなりヤバイ)・・・

とか悩みましたが、いやいや、そんなもの要りませんでした。
続きを読む

Airplay – Nothin’ You Can Do About It

AOR(Adult Oriented Rock)グループ、Airplayの名作です。

AORは僕の中ではFusionとほぼ同義なのです。エアプレイというグループはキーボードのデイヴィッド・フォスターとギターのジェイ・グレイドンのバンドですが、アルバムは1枚しか出していません。
そもそもこの2人はどちらも音楽プロデューサー、ソングライターなんです。EW&FのAfter the Love Has Goneの作曲とかしています。 続きを読む