Carpenters – Goodbye To Love

おそらく純粋なポップスを取り上げるのは始めてかも知れません。カーペンターズ1972年のヒット曲です。

この曲はアルバム「A Song For You」に収録されています。日本でのビッグヒットは次作のNow and Then(SingとYesterday Once More収録)ですが、A Song For Youもすごいです。「トップ・オブ・ザ・ワールド」、「ハーティング・イーチ・アザー」、「小さな愛の願い」、「愛は夢の中に」、「動物と子供たちの詩」そして今回の「Goodbye to Love(愛にさよならを)」とシングルA面が6曲も。タイトル曲もレオン・ラッセルの名曲ですし。

Goodbye To Loveはカーペンターズのシングルとして初めてのオリジナル曲だそうです。この曲の最大の魅力はあの大胆なディストーションギターです。それが今回取り上げた理由でもあるのですが、このギタープレイにあこがれたギターキッズも多かったのではないでしょうか?

バックバンドのトニー・ペルーソという人が弾いているのですが、それまでのカーペンターズのソフト路線にはなかったギンギンのファズサウンドで、ポップスとしてもこういった音がヒットチャートに上がることが珍しかったのです。

ギター以外はピアノ、オーボエ、ストリングスと、とても上品な音使いなのですが、それをぶち破るように入ってきます。水と油のようですがなぜかとっても合うのです。ピックが弦にひっかかる音がクククって鳴るのも気持ちよいですね。カーペンターズお得意の分厚いコーラス(兄妹なので声質が似ていて男女なので音域が広い)とベストマッチしています。

当時はギターソロ難しいと思っていましたが、今改めて弾いてみると、割と弾きやすいフレーズです。8小節ごとに低い弦でF-G-Cとフレーズをまとめますが、歪んだ音のこの重厚さがたまりません。

というわけで、またGuitar Backing Track版も作っちゃいました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です