Lee Ritenour(A.C.Jobim) – Children’s Games

リー・リトナーのアレンジでアントニオ・カルロス・ジョビンのシブい曲です。

ジョビンの曲、前回はサンタナ、キャラバンサライに入っているストーン・フラワーを取り上げましたが、今回はチルドレンズ・ゲームズ。
演奏しているのはフュージョンギタリストとして有名なリー・リトナー。といっても、演奏の中心となっているわけではなく、アレンジ&バンドリーダー&プロデューサーという立場でしょうか。1997年にi.e.musicというレーベルを立ち上げ、その1作目に「A Twist of Jobim」というジョビンの曲のカバーアルバムを作りました。

その中で、チルドレンズ・ゲームズの演奏のクレジットを見ると、
Piano      Alan Pasqua
Tenor Sax  Ernie Watts
Guitar     Lee Ritenour
Bass       Christian McBride
Drums      Harvey Mason
EWI        Steve Tavaglione
Flutes     Dan Higgins
Fluglehorn Jerry Hey
となっています。アーニー・ワッツってずっとリーリトナーと演ってる人ですね。
EWIっていうのはElectric Wind Instrument(電子木管楽器)というやつです。フリューゲルホーンでシーウィンドのジェリー・ヘイが居るのか。あれっどこに居たんだろう。EWIとごちゃ混ぜになってしまったかも。

曲の内容は・・・ただただすばらしい、としか言えません。ジョビンはやっぱりすごいな。
後半SaxとEWI?が交互に出てきて、ピアノがピロピロと流れるようにバッキングをつけます。素敵です。

また、他の曲もやってみたいですね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です