King Crimson」カテゴリーアーカイブ

King Crimson – Red

キング・クリムゾン、おなじみのRedです。

ファーストアルバム、B面に行くと思いきや・・・
僕もそう思ってたんですが、Moonchild、歌の部分は簡単なんだけど、その後の10分をどうしたものか、考えてしまいました。

歌の部分の打ち込みは済んでいるのですが、そこだけアップロードしても、それMoonchildじゃないだろ。

ということで、しばし保留。
気分を変えて、だいぶ後の作品を取り上げました。

どこまでを第1期というのかよくわかりませんが、1974年、世間一般で第1期クリムゾンの最後のアルバムと言われるRed。

続きを読む

King Crimson – I Talk to the Wind

King Crimson 1stアルバム2曲目

ここんとこ6回Genesisが続きました。まだ若干やり残しがあるのですが、気分を変えてKing Crimson行ってみましょー。

プログレの代名詞的なグループ、かつ超メジャーなアルバム。
このブログを始めた頃、意識的に避けてました。だってベタすぎるでしょ。
続きを読む

King Crimson – 21st Century Schizoid Man

みんなが知っていてプログレの代名詞になっている曲です。ですが、この曲の再現はなかなか難しいですよ。

僕が初めて聴いたクリムゾンは4枚目のアイランズで、デビューアルバムは太陽と戦慄が出る少し前に聞いたのですが、「あ、キング・クリムゾンってこういうバンドだったのね」というのが最初の感想。アルバム毎に違う顔を見せていた彼等ですが、ファーストアルバムはやはり特別です。

続きを読む

King Crimson – Lizard (Part1,2)

King Crimsonの大作、Lizardの前半です。

デビューからアイランドまでのクリムゾンの作品で、ロックという言葉から一番遠い気がするのですが(かもめの歌とかもあるから、一番じゃないのかな)、とても叙情的で好きな曲です。
ジャズのキース・ティペットグループが参加していますので、半分ジャズですね。 続きを読む