The Crusaders – Spiral

クルセイダーズ1976年のThose Southern Knights(南から来た十字軍)のオープニングを飾る、Spiralです。

前に取り上げた2曲が、オシャレなフュージョンサウンドになってしまった頃だったので、今回はその前のファンキーな頃の作品を選んでみました。

トロンボーンのウェイン・ヘンダーソンが居ます。ギターのラリーカールトンが居ます。ベースがロバート・ポップ・ポップウェルです。このメンバーがそろっているのはこのアルバムだけなので、まさにノリに乗っている頃と言ってもいいでしょう。

曲はピアノのジョー・サンプル作で、典型的なジョー・サンプル節ですが、各人のソロを際立たせる作りになってます。

Spiralっていうのは螺旋のことですが、メロディとコードがうねりながら上昇していくさまが、まさにSpiralという感じですね。その部分はメロディ提示部の最後のところですが、これ1回しか出てきません。すごくスリリングな部分だけにとてももったいない感がします。

キーはB♭m、ソロパートはメロディ提示部とは少し違って8小節目にEのコードが入ります。ジャズのアドリブで、わざとコードを外した音を短時間使うことがありますが、そういう感じで、これがカッコいいのですね。

ソロはギター、エレピと続いて、再び管でメロディが入りますが、その奥でベースが暴れ始めます。ここからのベースはクルセイダーズ随一の名演だと思うのですが、凄い!の一言に尽きます。

サックスとトロンボーンはさほどアドリブ演奏をしていませんが、お互い呼応しあうようなプレイで、小節No.155あたりからの絡みは最高ですね。

で、宴たけなわでございますが、最後にまたギターが聴こえてきてフェードアウト。なんかこのまま何十分も続けられそう。

1 thought on “The Crusaders – Spiral

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です