Sophie Milman(A.C.Jobim) – Agua De Beber

コラボチャンネル「ジャムスペース」用にコピーした曲です。

ジャムスペースに最近参加したボーカリスト、yumiさんのリクエスト曲

曲はご存知ボサノバのスタンダード「おいしい水」ですが、ロシア出身で現在カナダに住む歌手ソフィー・ミルマンのデビューアルバムのアレンジをコピーしたものです。

yumiさんがジャズ指向の人なので、僕としては今までやったことのないタイプの演奏ですが、曲は知ってるし、A.C.JobimはLee Ritenourのアルバムのアレンジでいくつかやってますし。

とはいえ、サンバのパーカッションの詳細な知識はないので、そのあたりは手探り状態ですね。

参考にした演奏、まずイントロのリズムパターンが上手く把握できない。お決まりのパターンでやってるのか、全くのアドリブでやってるのか・・。ギターも変なタイミングで入ってくるので小節の頭も見失ってしまうし、

ネットで調べた一般的なボサノバのリズムのスネア(のサイドスティック)の偶数小節/奇数小節のパターンがなんか逆なんですけど・・・いいのかな?

とか、思いながらやってます。

こういう曲のリズム、時々カウントを見失うことがあるのですが、歌の入り方と入った後(小節No.43-44)、何か寸詰まりな感じがあって、でも合っているようで、こういうのがジャズ系のノリなのかと思ったのですが、曖昧だと打ち込みはできないので調べました。

で、分かったのが、No.43のフィルインのタム。リズムブレイクの後で、半拍遅れ、つまり「ンタン、タン」って入ってる。どうもこれを最初の休符なしで解釈してしまっていて、あとが半拍寸詰まりに聴こえてしまっていたようです。

リズムブレイクを漫然とやり過ごすのではなく、きちんと体でリズムをキープしていればなんてことはなかったのですが。ちゃんとリズムを捉えないとだめですねぇ。

この演奏、やはり歌の伴奏なので、必要最低限な音数、特にエレピとか要点のみをなぞってる感じなので、ギターの入れ方も緊張します。音色もクリーントーンです。

エレピ、伴奏は控えめだけど、ソロは超絶速弾きしてるなぁ。

ということで、yumiさんのボーカルとy-bassさんの生ベースコラボバージョンもお楽しみください。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です