Stevie Wonder – Contusion

Songs In The Key Of Life 3曲目のVillage Ghetto Landは著作権でJASRACが△と言っていることもあり飛ばします。今回は4曲目のContusion。

インスト曲ということでアルバム中でも異色作ですが、これ、彼のバックバンドがライブのオープニングの景気づけに演奏しているのを何かで見たことがあります。

普通はスティービーの歌に目が行ってしまいがちですが、バックバンドも神テクです。

というのも、プログレ好きの僕が超燃える作り込み。

今回はギターの練習にかなり時間を割きました。まぁ正規のスピードでは弾けないけどさ。

ギター以上にエモーショナルなのが、ピコピコギュンギュンなってるシンセです。ギターが頑張るリフにぴったり寄り添い、また、隙間を埋めるようにオクターブ上下をピコピコして表情をつけていますね。

スティービーはどこにいるのかな? おそらくエレピですね。黒鍵ぴろーんのグリッサンドで頑張ってます。

タイトな作りです。後半のリフではコーラス隊も加わってますます盛り上がりを見せます。

最後は3/8 x 4 + 3/4の変拍子5回繰り返しで終了。
Sir Dukeのイントロが聴こえてきそうですか? 聴こえそうですよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です