Stevie Wonder – Sir Duke

Songs In The Key Of Life 5曲目のSir Duke。

有名な曲をやるのはちょっと身構えてしまいますね。

ご存じデューク・エリントンに捧げた曲。
ホーンセクションが元気いっぱいになる曲。曲調としても、A列車で行こうがごとく、なんとなくデューク・エリントンっぽい感じにしてるんだと思います。

コード進行としては、B – G#m – G – F# と半音ずつ下がっていくやつ。
ギターはミュートして「タッタララッタ、ラタタタ」って弾く定番のヤツと、バンジョー風にシャッフルしているのが入ってます。心憎いのが、G#mの次は単純に3フレットセーハに行かずに、10フレットセーハのG9に行ってる所ですね。7thと9thの音を特徴づけやすいですもんね。

Bメロはすべて半音の上下。Aメロのフォームからそのまま上下します。

そしてサビ/リフレインは B – Fm7 – E△ – C#m7
2番目のコードがG#7ではなくてその親戚のFm7に行くんだなぁ。なんかすごい。

サウンドの要は何といってもホーンセクションとキメのユニゾンです。
ホーンは半音程度下からせりあがってくる吹き方で、複数の楽器のピッチの揺らぎでホーンらしい仕上がりになっています。ミストーンも何のその、のノリで攻めるわけで、元気いっぱいだなぁ。

ギターをじゃかじゃか弾いていて、ノリでちょっと力んでしまいました。もっと軽く弾かなければいけなかったかなぁ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です