Stevie Wonder – I Wish

Songs In the Key of Life B面に入ります。

この2枚半組みのアルバムで一番好きなのが第2面です。曲が粒ぞろい。

B面1曲目はI Wish(邦題「回想」)。アルバムから最初にシングルカットしてヒットした曲です。

何と言いますか、「迷信」以来アルバムに1曲はこの手の曲が入ってますね。お約束なんでしょうか。で、シングルカットされる。シングルだけを聴いているリスナーは、スティービー・ワンダーはワンパターンだな、なんて思っちゃわないでしょうか? たしかにこの手の曲は彼のサウンドでありますが、それは彼の1面でしかないですね。でもレコード会社としては安全パイなんだろうなぁ。

Bメロの例外を除いてずっと同じリフが続く曲です。
ベースのパターンが延々同じに続きます。が、オクターブ上下したりしてますね。

リズムパターンは若干シャッフル気味。そういえばSir Dukeもスイングしてましたが、I Wishとは深さが違います。DTM的なスイング度合いで言うと、Sir Dukeが70%、I Wishは50%で作りました。

このベースに絡むのは2つ。何の楽器でやってるのかよくわからないのですが、クラヴィ的に聴こえるのと、ミュートギターに聴こえるヤツ。

これで骨格ができてしまうので、そこにエレピとブラスが加わります。

全体に機械的なので、変化をつけているのはドラムのフィルイン、ベースもフィルイン的なちょいワザ。

ブラスはやはりピッチベンドを駆使する人間臭いやつです。

まぁ一番はスティービーの歌なんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です