キリンジ – ロマンティック街道

今期キリンジ7曲目は、DODECAGONより。

なんか、このアルバムからの選曲が多いですが、「3」と共に名作なんですかね。

このアルバム、とてもエレクトロなんですが、Golden harvestもそうだけど、この曲はとってもそう。

なんかどこかにマイケルジャクソン入ってる感じの曲調ですね。

基本的に打ち込みの曲はギターが無いぶん完成が早そうなものですが、今回はかなりの難産でした。音を採るのが難しいというより、たくさんのシンセ音があって、どれがどの音色で鳴っているのかを振り分けるのが難しい。

結局、14音色も使っています。

ドラムはとっても単純なんですが、ベース系が2つ。どちらもシンセですが、音域と音色が違います。

現実の楽器に近いものが、エレピ、クラビネットですが、なんともトラック名が困るのがたくさん。

一番苦労したのがComp1って書いてある奴で、レゾナンスが効いてジュワって音ですが、ジュワーな感じが決まっている訳じゃなくて、モジュレーションホィールでコントロールしている感じです。

いや、違うな。

コントロールが不連続に大きく変化しないといけない感じだったので、打ち込みかもしれません。

結構長い曲です。一部繰り返しを省いて短くしてもよいと思いますが、歌詞的にダメってことなのかな。どうにも歌詞に無頓着でゴメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です