キリンジ – グッデイ・グッバイ

今期キリンジ8曲目は、2000年の「3」より。

少し古い曲をやってみようと思い、エイリアンズが収録されている「3」から選んでみました。オープニングの曲です。シングルでも出ていますね。

「3」はメディアでの露出度が高いアルバムですが、実は僕はCDはベスト盤しか持っていなかったので、Spotifyを入れるまでは聴いたことがありませんでした。

この曲はアルバムのオープニングで、冨田恵一プロデュースの典型的なサウンドになっていますね。それから、僕としては珍しい堀込泰行さんがイニシアティブをとってる曲です。作詞が泰行さん、作曲は共作ですが、たぶん途中のCメロが兄貴の方じゃないですかね、確信はないけど。

使っている楽器はドラム、ベース、ピアノ、オルガン、生ギター、エレキギター、ブラス。トラディショナルなものばかりです。

サウンドはさほど変化せず、ずっと同じ感じで5分以上続きます。途中Cメロがあって、終盤のリフは転調していますが、変化といえばそのくらいかな。

淡々とやっていて、ごちゃっとしているので、コピーは時間かかっちゃいました。ずっと同じようで、実は細かいとことが毎回違います。それぞれの楽器は半分自由度を持たせつつ、ノリ重視でやってるんでしょうね。

と、なると、計算づくでやってるのはブラス。ブラスはたぶん、サックスとホーンに分けた方がそれっぽくなるんだろうなと思いつつ、僕は1トラックでやってしまいました。ちょっと手抜き。

エレキギターも結構タイトにやってます。弾いてないと思われる部分も結構あるし。なんとなくずーっと鳴らしてるんじゃなくて、こういうふうに、出るとこ出ないとこを作るのがアレンジなんでしょうね。

終盤のリフレインですが、8小節繰り返しではなく、ちょっとだけ違うところがある8小節+8小節の16小節パターンです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です