Boz Scaggs – Miss Sun

Boz Scaggs、4回目はBest版Hits!に収録されている曲。

Best版のみに入っている曲ですが、シングルでも出ています。

5分半と少し長めです。ですが、ボズの歌が入っているのは前半3分のみ。後半は、演奏とバックボーカルの女声のアドリブが延々入ってます。そして、他の曲とは雰囲気が違いますね。

というのも、これはもともとこの曲がTOTOの曲として書かれたものだから。

演奏はデビッド・ペイチ、ジェフ・ポーカロ、スティーブ・ポーカロ、スティーブ・ルカサー。ベーシストはおらず、デビッド・ペイチの弾くシンセベースです。

ん~、これはほぼTOTOですね。

強いて言えば、ギターがスティーブ・ルカサーっぽい音色ではないけど。でもシンセブラスはスティーブ・ポーカロのトレードマーク的な音なので、思わずニンマリしてしまいます。

A.O.R.の王道を行くようなコード進行のサビで、サビサビ間の短い間奏もここぞというくらい決めてきますね。シンセブラス以外に本物のブラスも使っているのかな?

TOTOの中でも定評なのがジェフ・ポーカロのドラムということなのですが、打ち込みデータを見ている限りではシンプルに叩いているだけ・・・に見えてしまいます。シンプルさの中でのグルーヴ感というのが評価らしいのですが・・・そ、そうなのか? どうも僕にはその良さを語るまでには至っていません。

この曲に限って言えば、シンセベースがいい味出してます。意識しているのかどうか分かりませんが、1音下からしゃくりあげるようなフレージングが多いんです。

尺が長いこともあり、他の曲より時間がかかりましたが、やはり後半の演奏ですね。ボズ以外のバンド全員が出たり引っ込んだり、絶妙の掛け合いを繰り広げています。狙ってこうなったのか、フェードアウトするはずの軽い演奏が思いのほか興が乗ってしまったのか・・・?

流石にシングル盤は1分ほど短いようなんですが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です