Boz Scaggs – We’re All Alone

Boz Scaggs、3回目はSilk Degrees収録のバラード。邦題「二人だけ」

ギターはなく、この後TOTOを結成するデヴィッド・ペイチ、ジェフ・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト3人の演奏にオケがついているものです。

僕がやると全打ち込みになるので少し躊躇しましたが、素通りするのも何なのでやってみました。

まず最初に気づいたのは、典型的な4拍子ではなくて、2拍のみの小節が含まれているということ。フレーズが4の倍数ではない曲はビートルズのイエスタデイが有名ですが、この曲もそうだったのですね。やるまで気づかなかった。

そして、サビの構成ですが、途中からAメロと同じ進行になるんですね。面白い。

さて、僕はピアノをまともに弾けないので、打ち込みになってしまうわけで、しかもMIDIキーボードもなしでマウスのみでやってるので、どうしてもロボットみたいな弾き方になってしまいます。

せめてもの抵抗で、ベロシティとクオンタイズにランダム要素を含ませてみましたが、どうやってもピアニストには勝てませんね。

ドラムは他の曲と違って、リバーブたっぷりに録音されています。スネアの余韻が心地よいのですが、あまり再現はできませんでした。

オーケストラ部分ですが、もやもやしてるので弦と管の区別がつきません。1か所だけ、木管で吹いてる部分は見受けられますが、あとは分からないです。クレジットにはデヴィッド・ペイチがストリングスとホーンズのアレンジをしたと書いてあるので、管も演奏しているんでしょうけどね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です