Boz Scaggs – Lido Shuffle

Boz Scaggs、5回目はSilk Degreesより。

今回の曲はA.O.R.というより、ちょっと泥臭いシャッフル。
それでも、ホーンが入ってるという点がオシャレなのかもしれません。

要になっているのが低音のサックス。バリトンか?
ベースとほぼユニゾンで曲全体のリズム感を支えます。
で、そこにブラスセクションが補強されてるって感じですね。

ロックンロールと親戚なので、3コードで楽勝・・・って訳ではなかったです。

ポイントその1。
AメロはキーGですが、サビでB♭に転調します。転調する際の展開がドラマチックで、特に曲後半はシンセキーボードで演出されているのがその時代風だった・・のかなぁ。

ポイントその2。
小節No.26-27のキメ、ピアノでは
G-D-F-C-C-Fって弾いてます。ん、目まぐるしくコードチェンジしてるんだな、と思ったのですが、ここをギターで弾くとき、ピアノと同じコードを弾くのではなく、
D—C——
というベース音に装飾音が乗っていると思った方がしっくりきます。
3音弾くのではなく、あくまで2弦弾き。要はロックンロールの典型的リフの変形ですね。
サビのNo.46-47も同様。ピアノは
Bb-F-Ab-Eb-Eb-Abですが、ギター/ベースは
F—-Eb——-なんです。
なーんだ、やっぱり3コードでした。難しく考えすぎていました。

基本を忘れてはいけませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です