Queen – Seven Seas of Rhye

Queen II締めくくりはシングルカットもされたSeven Seas of Rhye

Black Queenをやった後のSeven Seas of Rhyeは、とってもお気楽な気分になってしまいます。

「輝ける7つの海」という邦題がついています。イギリスではベスト10になったそうですが、日本でヒットした?? 僕の記憶にはありません。キラー・クイーンは覚えてるけど。

この曲はなんといっても冒頭のチョーキングのハモリですよ。クイーンって言ってるもん。B面のこれまでの5曲と比べると緻密な感じは無くて、いかにもシングル向きという曲ですが、でもギターとコーラスの分厚さは変わらないです。

今回の録音で気の付いた所としては、ギターソロの最後のフレーズが延々エコーしている音です。ドドレミファソラシドって弾いてるんだけど、エコーは「ドソラシ、ドソラシ、ドソラシ・・・」って聴こえます。

前半のドドレミファにはエコーがかかっていないのですが、これ、単純にそこでエコーのボリューム上げるだけじゃできないので、音を2つに分割して別トラックにおいて後半だけにエコーを掛けました。

あれ?? 今思ったけど、そもそもエコーボリュームをいじるんじゃなくて、そこでエコーのスイッチをオンにすればよかったのかな。むむ、まぁいいや。

なおクイーンの本物は最後は海賊がガヤガヤと騒ぐようなダラけた歌で終わりますが、あれは「I Do Like To Be Beside the Seaside」っていうトラディショナルな歌なんだそうな。ふーん。

というわけで、Queen IIから9曲演った訳ですが、やはりコーラスとギターの音色はまねできるものではないです。フレディさんの艶のある声とロジャー・テイラーの突き抜ける絶叫高音は独特のもの。

ギターの音色、それなりに工夫はしましたが、ブライアン・メイの音色は1曲の中でも多彩に変化しています。時折聴かれるのカリカリとした音は硬貨を使って弾いているということですが、今回そこまではやりませんでした。

プロってトレードマークのごとく、自分の音色を持っているのだそうです。あやかりたいものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です