America – Don’t Cross the River

America 7曲目。前回同様、Homecomingより。

初めてダン・ピークの作品を取り上げます。

Ventura Highwayの次のシングルとしてリリースされましたが、さほど上位には入っていません。

前回も書いたけど、ダン・ピーク、おそらくグループ内で最もカントリー風の音を持っている人です。アルバム内、他にもCalifornia RevisitedとSaturn Nightsを書いており、なるほどなという感じです。

この曲は2分半ほどの短い曲ですが、曲の構成は割と複雑です。リフは途中と最後に出てきますが、そこに至る展開が1番と2番で違います。というか、Aメロ-Bメロ-リフレイン-Cメロ-Bメロ-リフレインと考えればよいのかな。構成次第ではもっと長く膨らませられるでしょうに、あっという間に終わってしまう感じです。

ギターは2本入ってますが、彼らのギターは同じ弾き方はしていませんね。
1本はオーソドックスなローコードで弾きましたが、もう1本は、彼等特有のフォームなのか、必ず開放弦をどこかに忍ばせているフォームになっているような気がします。

この曲でカントリーを感じるのはバンジョーがあるからなんですが、バンジョーを弾いてるのはメンバーではなく、Henry Diltzという人です。Wikipediaでのクレジットを見ると、バンジョーの他にphotographyとなっています。カバー写真を撮った人なんですね。リンクをたどって調べると、ウッドストックのオフィシャルカメラマンだったと説明されています。

一か所引っかかる所があります。
CメロでコードがF#m7なんだけど、バンジョーは装飾音的にF#7を奏でています(小節No.37)。そこがブルージーな味になっているんだけど、こういうのバンジョーでは時々あるのでしょうかね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です