America – Three Roses

America 8曲目。デビューアルバムの3曲目。

これまで取り上げた曲は(狙ったわけではありませんが)、シングルでも発売されていた曲でしたが、今回初めてアルバムでしか出ていない曲です。

これまでの8曲中、Heartsから1曲、Homecomingから3曲、デビューアルバムは4曲(名前のない馬は後日収録された曲ですが)。僕の感じるAmericaは、やはりデビュー当時のギター中心のジャカジャカなんだなぁと思ってしまいます。

今回のThree Roses、歌詞の内容はよくわかっていないので、サウンド中心の味わいということになってしまいますが、憂いを帯びたアコースティックギターのアンサンブルはやはり彼等独自のものがあるんじゃないかな。

パーカッションはボンゴのみ。名前のない馬につながるような音ですね。このボンゴですが、リズムパターンっていうものがなくて、勝手気ままに叩いているようなんです。適当っていうの、コピーするの大変なんだけど・・・

時にゆったりと、時に32分音符でかん高く。さしずめ、今時の若者なら、カホン(Cajon)とか使いそうですが、この時代ではポピュラーではありません。でもかん高い音がよいな。

Ventura Highwayの時にG△7が上手く弾けないと書きました。今回の曲もリフの3小節目にそれに似たコードを使っています。今回はベースがEなので、Em9という方が適切かな。

うーん、やはり苦戦します。

前回と違うのは、1拍目に6弦開放Eをボーンと鳴らしているのでその瞬間に押さえる時間を取れるという事。弾けなくもありません。きちんとやろうとも思いましたが、あまりきれいにはいきませんね。今回も上手く誤魔化しています。

と、録音を完成させた後、YouTubeでライブ映像とか見ると、あれあれ、なんか違う押さえ方してる。6-3弦はEm、2-1弦はDやってるような押さえ方しています。あー、そうやるのか・・・

しかし、それでも指4本使いますね。こっちも難しいや。まぁ当たらずとも遠からずという事で・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です