The Beatles – Mother Nature’s Son

ホワイトアルバムC面3曲目。ちなみに2曲目のYer Bluesはだいぶ前にアップロードしています。

生ギター、ホーン、バスドラとティンパニと足タップというシンプルな構成。

生ギター(もどき)は、なかなかうまくいかず、これでも都合3テイク録り直しました。Dのコードを弾きながら、3弦がB-A-A♭と下がってきますが、Dのフォームのまま小指で3弦の4フレットを押さえると、2フレットも人差し指で押さえられているため、音程が少し上がり気味になってしまうのです。

2フレットを押さえないように3弦4フレット薬指2弦3フレット中指で押さえるようにして、素早くDコードに押さえ直した方がよいかな、などと試しながら録音しました。

この曲も昔から生ギターでジャカジャカ弾いてた曲ですが、ホーンをつけて改めて弾いたのは初めてです。やはりホーン付だと贅沢な気分になりますね。なかなかよい。

バスドラとティンパニが入る部分、あ、なんかセカオワ(「SEKAI NO OWARI」)みたい。というか、ビートルズのほうが元祖ですが・・・。彼等、この曲参考にしてるんでしょうかね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です