EL&P – The Only Way(Hymm)/Infinite Space(Conclusion)

ホワイトアルバムも半分終わりましたので、別の曲を挟みます。
エマーソン・レイク&パーマー「タルカス」B面より、2曲メドレーです。

EL&Pはクラシックをモチーフに使っている曲は多いですが、この曲はバッハです。まだ和声の発展途上だった頃、今のようなコード+メロディという演奏ではなく、メロディのみがウネウネ動いて和声を形成していくスタイル。

ずーっと鳴っている通奏低音と左手と右手、右手は時々メロディが2分岐します。う~む、結構凄い世界です。

正直に告白しておきますが、このバッハの部分は楽譜の力を借りて打ち込んでいます。いや、だってオリジナルの録音のエコーが深すぎて、とても正確に取り切れません。

歌に入り1番を歌い続いて、Can You Believe って別のメロディが歌われますが、バックには前と同じメロディが使われているんですね、コピーして初めて気づきました。歌がないとつられそうなので歌のメロディを打ち込んでみたんですが、非常にダサくなったので消しました。歌う方は、つられないように頑張ってくださいね。

オルガンからピアノトリオに替わって歌は続きます。このあたり「石を取れ」みたいな雰囲気でいいですねぇ。

と言っているうちに、曲がInfinite Spaceに切り替わります。果てしなき宇宙? 結構恥ずかしいタイトルだな。

左手は延々同じパターンを繰り返すスタイル。オスティナートって言うの、これ?

曲の始めの方と終わりの方はピアノトリオスタイルですが、真ん中は完全なピアノソロ。延々好きなだけやってなさいっていう・・・

ライブでは石を取れのピアノソロの中に組み入れて演奏してたような記憶がありますね。

まぁこういうの、コード云々じゃないんでしょうけど、発売当時、ビートルズのようなメロディアスな世界しか知らなかったので、滝に打たれたような衝撃を感じたものです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です