The Beatles – Everybody’s Got Something to Hide Except Me and My Monkey

ホワイトアルバムC面4曲目。長いタイトルです。どこか端折らないとエラーになりそう・・・。
エラー出ませんでした。YouTubeエライ!

記憶の中では、やたらビートルズが元気いっぱいにシャウトしまくる曲、という印象なのですが・・・

やかましいパーカッションはベルです。曲のキーに合わせてEの音。割と音程がはっきりしてます。ひっきりなしに鳴っているのかと思ったら、半分くらいは休んでいました。

ボーカルなしにこの曲を演奏していると、おー、このギター(キメじゃない方ね)はまるでファンクではないですか。何種類かの短いリフをランダムに繰り返してますが、例えば小節No.22で使ってるリフで、上がって下にスライドする時の音がF#じゃなくて、Gなんです。これが雰囲気作ってますね。歌に隠れてこんなに細かいことやってるんだ。これは発見でした。

終盤で歌が途切れてベルが鳴り響き、かっこいいギターが鳴りますが、それぞれ3小節ずつなんです。この長さが絶妙じゃぁないですか。ビートルズの曲は短いのが多いですが、決して無駄な瞬間がないのです。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です