Camel – Unevensong

月が替わりました。今回から、Camelを何曲か行ってみます。
というのも、5月の来日ツアーを見に行くので・・・

以前にCamelを宅録したのは、2016年4月~5月で、プログレフェス2016の予習でした。

後日、その来日時にEXシアター六本木でのライブが「一期一会」というタイトルで発売され、僕も(というより、カミさんがというのが正しい)買いました。

その時の演奏は、盲目のキーボーディスト、ピート・ジョーンズの万能ぶりが印象的だったです。キーボードの腕は言わずもがな、歌は上手いわ尺八は吹くわ。

派手なステージの仕掛けは一切なく、ライティングもシンプルなものでしたが、ラティマーさんのレスポールがいい音出してました。それだけで一見の価値あり。

またどんなステージを見せてくれるのか楽しみでありますが、今回はMoonmadnessの完全再現を謳い文句でやるということ。そして、And Other Classic Songsって書いてありますね。どこまでがクラシックソングなのか分かりませんが、まぁ定番の曲は演るんでしょう。

今回、初っ端に取り上げたこの曲は、Rain Dancesに入っている曲で、ライブでも定番ではありますが、クラシックソングに入るのかは不明。どっちかというと、好きだったけど僕が2年前にやりはぐった曲という位置づけです。

Rain DancesはMoonmadnessの次のアルバムですが、ベースがリチャード・シンクレアで、サックスのメル・コリンズが加入、大きくサウンドを変えた時期です。

UnevensongってNot Even Songであることは想像がつきますが、それがどういう意味か分からなくてUnevenを辞書で調べると、「平坦でない」あるいは「不揃いな」「ムラのある」という意味。

どういうこと?

変拍子は普通にあるし、曲中、テンポや雰囲気が激しく変わるのはキャメルの得意技なので、何もこの曲に限った話ではないと思うんですが・・・まぁいいや。

前半のピアノの連打はそれまでのキャメルにはなかったサウンド。一瞬スーパートランプ見たいと思ってしまいましたが、歌が始まるといつものキャメル節です。

その次は、ポルタメントを活かしたキーボードが活躍する場面。ポリシンセのポルタメントがいい感じ。

一瞬イントロ(1音高いけど)に戻り、不気味で静かな中間部。ここはレコードではソロ歌ですが、一期一会のライブでは3人でハモってます。

そしてラストはキャメルらしいギター弾きまくりパート。アドリブギンギンかと思いきや、4小節から成る決まったリフの繰り返しですね。でも、ギターは4テイク弾いていて、ミキシングでそれぞれの強弱を変化させているのでアドリブを繰り広げているような印象を受けます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です