Genesis – In That Quiet Earth

Genesis2曲目は、Wind & Wuthering に入っている In That Quiet Earthです。

この曲、Genesisというよりスティーブハケットがライブで好んでやっていますね。ギターが中心の曲ではありますが、さほど難しくはないです。

メインのメロディを弾いた後、テープ逆回転が入ります。こういうの昔は再現困難でしたが、適当に弾いて、2小節毎にぶち切ってリバース処理をするとできてしまいます。よい時代になったもんだ・・・。逆回転の完コピはあまり追求してもどうかなと思ったので適当です。
曲はWind & Wutheringの最初のEleventh Earl Of Marの冒頭部のテーマが流れてから後半に入りますが、僕はここからが好きなんです。あのおどろおどろしいシンセにギターのバッキングが入るところです。1回目はG→F#→A、2回目は1度上のF→E→Gって弾いてるだけなんだけど、あの不気味な感じはやっぱりトニーバンクスのシンセのフレーズでしょうか、かっこいい、特に2回目。ベースが執拗に同じ高さ音を弾いているのも効果をだしているのかもしれません、フットベースかなぁ?
この曲、アルバム構成的にはAfterglowのイントロなんでしょうけど、多分にライブでのかっこよさを追求してますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です