Genesis – Firth of Fifth

最初の曲はGenesisのSelling England By The PoundからFirth of Fifthです。YouTubeにアップロードしたのは初めてだったのでだいぶ手間取ってしまいました。最初にGenesisを選んだのはギター以上にキーボードが頑張っているバンドだからかな・・。

さて、この曲はトニーバンクスのピアノソロから始まります。

とってもクリアに弾いているのでコピーがとても楽。このメロディを押さえると中間部分のオルガンも割と簡単に再現できますね。で、歌に入るとディストーションのかかったギターが低音を弾いていますが、これがとても特徴的。歌が終わるとピアノにフルート。いよいよGenesisの本領発揮部分に入りますね。それを受け継いでピアノが高音部をキープしながらのメロディはとても好きな部分です。続いてオルガンとシンセリードでオープニングの再現があり、2台目のシンセがトレモロのように入ると最高潮。
キーボードの見せ場が終わるといよいよスティーブハケットのギター登場。さっきギターの難易度はそれほどでもないように書きましたが、僕の腕だと緊張を維持するのは数小節が限度なので、何度もつなぎ録りしています。画面のギタートラックが細切れになっているのでバレバレですね(連結してから録画すりゃよかった)。まぁすべてMIDIの打ち込みではなく、ギターくらいは生楽器(アコースティックじゃないから生って言わないのかな)で弾こうと思って頑張ったんですがね。で、録音してみて気づいたことがあります。ギターはライン録りしてCubaseのVST Ampでディストーションやらエコーをかけているので、空気を通してのアンプからのフィードバックが起こらない。そう、音が持続しないんです。コンプレッサーをかけて精一杯伸ばしても限度があります。で、しかたなく何度かピッキングしているところがあります。ギターの弦に振動のフィードバックをかける方法ってないんですかね。
泣きのギターの後は、歌にもどっておしまい。最後にちょっとだけピアノが入ります。
次の曲はどれにしようかな・・・

3 thoughts on “Genesis – Firth of Fifth

  1. たかし

    はじめまして。Twitterからこちらを拝見させていただきました。
    “プログレ カラオケ ブログ コードオブライフ”-- とても面白い企画ですね。
    おこがましい言い方ですが、なかなかテクありますよ。また曲の説明も丁寧でよいですね。
    Genesis以外のプログレも是非、お願いします!!Crimsonとかも聴きたくなってきました。

    返信
    1. 柊しじま 投稿作成者

      柊です。ありがとうございます。別のバンドも計画中です、お楽しみに。Crimsonは…ギ、ギターが難しいよね。

      返信
      1. たかし

        承認いただきありがとうございます。
        Robert Frippのクリアーなギターサウンドの再現、是非お願いいたします。
        楽しみにしておりまーす。

        返信

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です