KIRINJI – killer tune kills me (feat. YonYon)

今期キリンジ10曲目。これで最後にします。最新作2019年の「cherish」より

近年のKIRINJIは他のアーティストとのコラボがいくつかありますが、この曲に弓木さんと共に歌っている(ラップしてる)のはソウル生まれ東京育ちのYonYonという女性DJ/シンガー。

僕は韓流やK-POPの趣味は全くないので、この辺りの流れは知りませんが、この曲に関していえば、とってもあってます。Spotifyで歌詞を見ながら聴いていて、突然ハングルが
現れたのでおぉ!ってなりました。このハングル表記のラップ、読めないし、意味も全く分からなかったけど、メロディがある歌に近いラップなので、なんかカッコいい。

作曲は間違いなくKIRINJIの作風。

ただ、新生KIRINJIになって以降、アルバムを重ねるごとにエレクトロになっていくし、だんだんと音の重ねがシンプルになっていきます(和声は複雑ですが)。なんというか、スティーリーダンのガウチョで音数が少なくなってるのに通じるところがありますね。

音色作りは難解。PadとエレピとFM系と混然一体。ギターはちょっとだけチャッチャと入ってるのと、ユーミンがよく使っていたようなミュート系のギターが聴こえます。

ミュートギターですが、オクターブで鳴っているので、そういうエフェクターをかけているか、実はこれも打ち込みなのかも。僕のは打ち込みです。

ボーカルですが、細かく色々ハモってます。すごくきれいです。
今回、打ち込みのコーラスはすべて割愛しました。これは打ち込み系で誤魔化してはダメでしょう。


ということで、今期のキリンジ/KIRINJI、両方の時代をまたいでやってみました。このバンド、大ヒット曲はないのですが、とにかく名曲がたくさん。10曲もやってしまったのでこの辺で〆ます。が、たぶんまたやると思います。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です