キリンジ – 愛のCoda

今期キリンジ9曲目は、2003年の「For Beautiful Human Life」に収録されていますが、それ以前の「スウィートソウルep」が初出かな。

Codaは音楽用語で曲の最後部のこと。すなわち、この曲は「愛の最終章」ということですね。曲の雰囲気から、最初、昭和歌謡か! と思ったのですが、いやいやなかなかの曲者です。これぞ高樹兄貴の真骨頂。

リズムは単純ですが、コンガが入ってるラテン系。ガットギターも入ってますので、それもラテンな雰囲気。クレジットを見ると、ガットギターも堀込高樹さんになってます。芸達者な人だなぁ。

イントロが始まった途端、耽美な世界に引き込まれてしまいます。ピアノで弾いてるメロディがシンセでもユニゾンしていて、この音色が美しい。単純な音のようですが、アナログモデリングシンセをいろいろ弄ってもなかなかこの音色にはできないですよ。

ストリングスのアレンジで引っ張る曲ですが、それ以上にガットギターが雰囲気出してますし、やはり曲が秀逸なんです。

エレキギターが16ビートを作ってます。コードを弾いてるだけなんだけど、それが難しい。この曲、いつにも増して難しい。

コードを弾いていて、思う所はあるのですが、なかなか文章にまとめることができません。例えば、A△7をカッティングで弾こうとする時、開放が入ってるとやりづらいので、5フレットセーハのフォームでやってみるが、これだと雰囲気が出ない。むしろF#m9の1-4弦を鳴らした方がいい感じ・・・とか。1小節で4回コードチェンジする時に、C#7(#9)がどうにも弾きづらいとか・・・。

どうにも、書き物になりませんよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です