Tower of Power – A Little Knowledge(is a Dangerous Thing)

1991年のアルバムMonster on a Leashのオープニング曲

Tower of Powerの最盛期はやはり1970年代前半なんだろうけど、アンソロジーを通して聴くと、どうしてどうして、90年代以降も捨てがたいと思います。2CD構成だけど、後半の方をよく聴いてます。

今回の曲は低迷期から抜け出し、Epicに移籍して出した初めてのアルバムより。なぜか耳について離れない、クセになるのです。

キーボードがNick Miloという人に変わっていて、その人の作品。ちょっと変わった曲です。どこがというと、キーボードでシンセブラスを使っているから。

管楽器が5人もいるのに、なんでキーボードまでブラスなんだよ、と言いたくなりますが、じっくり聴くと意外と良い。音色はToToのスティーヴ・ポーカロみたいで、時々モジュレーションホイールで表情をつけています。で、この感じ、実は生のブラスにはないので、存在価値はあるのだなぁと思いました。

かなり70年代とは違ったテイストなのですが、ギターはバリバリのファンク。その昔サディスティック・ミカ・バンドも「塀までひとっとび」で真似していたような、典型的なファンクのコード。なのですごく面白い。

最初、1コードで攻める曲なのかと思いましたが、そんなことはない。中間部の怒涛の展開は圧巻です。しかし、このギター上手いなぁ。

タイトルなのですが、A Little Knowledge is a Dangerous Thing、直訳すると「わずかばかりの知識は危険なものだ」。要するに「生兵法は怪我のもと」ということわざのようですね。

このバンド、ことわざが好きなようです。


というわけで、10月からTower of Powerを7曲やってきました。途中ソフト開発なんぞ始めたものだから、ペースが落ちてしまい、気づけばもう年末。そろそろ次に行こうかなと思っております。なんか肝心な曲をやってない気もするのですが、また今度ね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です