Queen – Killer Queen

今回は短い曲。1974年、クイーンの最初のヒット曲、キラー・クイーンです。

前にシアー・ハート・アタックのメドレーをやりましたが、この曲はその前に入っています。

No Synthesizersと吹かしていた頃の作品だけあって、ギターを何回も多重録音して効果を出しています。僕としてもそういうのをちょっとやってみたかったので・・・

で、この曲、基本的にピアノの曲で、無駄なギターの音が無いんですね。アドリブもありません。今回5トラック使いましたが、彼らは色々音色を変えながら左右に振り分けながらやっているので、本物はもっと凝っています。

クイーンはコーラスワークも分厚いので、僕みたいな歌を省いた録音スタイルだと正直どこまで入れたものだか毎回迷います。基本はメインボーカル以外のハーモニーは入れるようにしていますが、何がメインだかわからなくなることも多いし・・・

ブライアン・メイのギターの音色はVOXのアンプAC30を使って出しているらしいのですが、まぁあのオリジナルギターの音は独特ですからね。そこはあまりこだわらない。

ギターフレーズ。
最初は控えめに、そしてハモりながらのチョーキングがとてもクイーンっぽい(へんな言い方だな)。

左右掛け合い風とか、いろいろやってくれますね。

終盤の分厚い和音の部分ですが、小節No.72のハモリが何故かメジャーコードなのです。このメロディは3回出てきますが、ピアノはマイナーコードで弾いてます。が、ここのギターだけがメジャー。これ間違いじゃないんですよね?

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です