Neil Larsen – Sudden Samba

今回はフージョンのインストナンバー。1978年、ニール・ラーセンのアルバム「ジャングルフィーバー」からサドゥン・サンバです。

ニール・ラーセン、このアルバムと次のハイ・ギアくらいしか知らないけど、軽快なオルガンサウンドを聴かせてくれる人です。かなりすっきりまとまっている音なので、ジャズっていう香りはしないけど、純粋ロックでもないからきっとフュージョンなんでしょう。


テーマが2回あって、オルガン、ギターそれぞれこじんまりしたソロパートがあって、またテーマをちょこっとやってはいおしまい。絵にかいたようなフュージョンという感じの曲ですね。

でもオルガンソロの後半は少し面白いかも。

ギターの方ですが、バジー・フェイトンという人です。この人、ニール・ラーセンとセットのようで、後日ラーセン・フェイトンバンドっていう名義でアルバム出してますね。

ギタープレイは、まぁ普通に聞き流してしまう感じの音ではありますが、コピーして弾いてみると、指使いが自分とはずいぶん違うなぁと思いました。漫然とスケールを弾いているのではなくて、コード音を単音で押さえているような箇所が何回かありまして。
いうなれば鍵盤楽器的な音使いという感じなんですが、こういうの、勉強になりますね、はい。

ソロ後半はワウを効かせてブイブイ頑張ります。

やっぱり普通に聞き流してしまう感じなんですが、僕にはとても難しくて、DTMテクノロジーをたくさん使っております。こういうのを上手そうではなく、さらっと弾いちゃうのが、やはりとても上手なんでしょう。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です