Earth Wind & Fire – September

EW&Fをもう1曲。1978のヒット曲。

僕にとっては割と思い出深い曲。

1980年ごろだったと思うけど、当時大学でバンドをやってました。本来はフュージョンとかのかっこいい演奏を目指していたのだけど、年1回のサークルのライブをやるにあたり、多少の部費を稼がないといけないという事になって、ならバンドでバイトをやることになり、ビアガーデンで賑やかしの演奏をしたことがありました。

で、うける曲をやらなきゃいけないんで、人気急上昇中の松田聖子の曲とかやった記憶があります。で、もう1つのジャンルがディスコミュージック。

ディスコといってもワンレン、ボディコン、ジュリアナとかマハラジャはもう少し後の年代です。70年代終盤からのは第一次ブームというやつで、サタデーナイト・フィーバーとかドナ・サマーとかの全盛期でした。

これが結構楽しくて、やってるうちに調子にのって、本来のフュージョンはどこかに行っちゃって、学祭で「生演奏ディスコだよ~(なんじゃそりゃ)」ってやりだす始末。

当時TV局が「当世学園祭の嘆かわしい現実」みたいなタイトルで、11PMでイカレた若者の実態を揶揄した話題の中で、インサートVTRとして1-2秒映ったことがありました。いやはや。

まぁファンキーな曲もあって、そういうのはフュージョンとつながっているので、必ずしも的外れではなかったですけどね。

さて、今回のSeptemberは同時期のBoogie Wonderlandと並んで、彼らが一番ディスコミュージックしていた頃のサウンド。例によってドラムはダンスビートの基本リズムを黙々とキープします。

8小節で1パターンですが、コードワークとしては2パターンしかありません。
モーリス・ホワイトが歌うAメロと、フィリップ・ベイリーの歌うサビ。両方とも終わり2小節に特徴的な響きがあります。

当時、僕はギターではなく、へたくそながらキーボードを弾いていたのですが、ブラスのパートをコピーしていて、その2小節のコードは何やらカッコいいことに気づきます。

ギターはGコード、ベースはA、ブラスはDコードを弾いているのです。
ん、ナニコレ?

ギターとベースはG on Aになっていて、これはフュージョンの定番でベースが1音上を弾くというものですが、んじゃDって何?

今改めて分析するに、Gコードの上にテンションを積み重ねていったものですね。
まず、Gコードを弾きます。これに△7th、9thを加えます。すると、5-7-9はDコードになってますね。

さらに追加していきましょう。#11th、13th。これで9-11-13がAコードになります。
ベースと同じになっちゃって一周回っちゃった感じですが、この響きが曲の終盤、ブラスとコーラスで出てきます。

この曲はこれにつきますね。

その他の事を若干書いておきます。

ギターは2トラック+α。
2つのコードパターンを通じてずっとリフ弾いてるパキパキ音のヤツと、コードをリズミックに弾いてるヤツ。それと最初のAメロでだけ「チャカチャカチャ」と鳴ってるのがあります。

オープニングでだけ鳴ってる音があります。なんだかわからないのでエレピで鳴らしましたが2回ぽ~んって鳴ってるだけ。

————————————-

ということで、今回もカラオケバージョンあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です