The Jacksons – Blame It On The Boogie

コラボチャンネル「ジャムスペース」用にコピーした曲です。

ジャクソンズは、モータウンレコードのジャクソン5が1975年にCBSに移籍して改名した兄弟グループです。言わずと知れたマイケル・ジャクソンがリードボーカルでした。

モータウン時代の曲は、1970年のABCとかは聴いていたかな。マイケルのソロではBenのテーマとか。

マイケル・ジャクソンのソロが売り上げを伸ばしたのは1979年のOff The Wallからなので、このBlame It On The Boogie(邦題:今夜はブギーナイト)はその直前の曲という位置づけです。

ブギーってバウンスしている8ビートというイメージなんですが、この曲はそうは聴こえませんね。ドラムも4拍子的に叩いてるし、普通に16ビートのファンクじゃない?

でも16分音符はバウンスしてます。最初普通の16ビートで打ち込んでいたらブラスが明らかにしっくりこないんで、ビート目盛をスイング設定にしたと思うのですが(すいません、打ち込んだのがひと月ほど前なので、はっきり覚えていません)、100%スイングではなかったような・・・

楽器構成としては、ドラム、ベース、クラヴィ、ピアノ、エレピ、ブラス、ギター2テイクなんですがギターのチャカチャカはブラスほどバウンスさせていませんね。なんか無意識にそうなっちゃう。こういうのをグルーヴというのか、単なるズレなのかは定かではありません。

ということで、y-bassさん、yukaさんとのコラボバージョンはこちら
声変わり前の男の子の歌を女声で歌ってるわけですが、これ結構イケてますよね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です