Queen – In the Lap of the Gods/Stone Cold Crazy

今期Queen 2回目。Sheer Heart Attack B面頭のメドレーです。

え、まさかこんなの演るの? と思った方もいるでしょうけど、初期のQueenはこういうプログレチックな要素があるから捨てがたいのですね。

前回も、コーラス入れないと曲にならないから入れると書きましたが、今回も本当にそう。カラオケとして成立しているのかどうか定かではありませんが、まぁいいでしょ。どうせ普通のカラオケを目指してるわけではないし。

1曲目、In the Lap of the Gods(神々の業)はロジャー・テイラーの超音波ボイスから始まります。ピアノの高速アルペジオ、ギターの多重録音と続けばそこは紛うことなきQueenの世界ですね。

続くピアノの弾き語りはテンポが頻繁に上下します。完全にクラシックのノリ。こういうフリーテンポは近頃なかなかお目にかかれませんね。情緒あふれてますが、DTMでやるのはしんどかった。

Queenの本物はシンバルを使った効果音的なサウンドが入っていますが、省きました。

リズム隊が入ってテンポは安定します。ギターがプープーとなってますが、実は結構なロングトーンで、例のフィードバック技を使わないと録れません。それでも苦労してます。
ずっとコーラスが続いてますが、いちおうリードボーカル部分はあるのでそこは入れていません。

コーラスも左右に振っていたりするし、相変わらず超高域ボイスもあるのでボーカロイド内で10個ぐらいトラックを使いました。

2曲目はバリバリのハードロック。

1曲目と2曲目、オーバーラップしている訳ではないのですが、これは間髪入れずにメドレーとしてやりたかったのでそうしています。

どっちかというと、2曲目のほうをやりたかったかも。ストレス発散。

240bpmというハイスピードです。最初120bpmの16ビートと捉えられないかとも思いましたが、やはりこれは8ビートですよね。

ギンギンの演奏なんですが、歌本体部分のバックはパーカッションのみ、しかもウラの方が大きい音で鳴っているので小節の頭を見失います。苦肉の策で時々目印のバスドラを入れています。蛇足だったかな。

短い曲ながらギターソロが2回あるのですが、実はそんなに難しくはありません。特に後ろの方は大きめのエコーがかかっているのでその効果で押し切っていたりします。ブライアン・メイが超絶技巧派でなくて助かります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です