Boz Scaggs – Miss Sun

Boz Scaggs、4回目はBest版Hits!に収録されている曲。

Best版のみに入っている曲ですが、シングルでも出ています。

5分半と少し長めです。ですが、ボズの歌が入っているのは前半3分のみ。後半は、演奏とバックボーカルの女声のアドリブが延々入ってます。そして、他の曲とは雰囲気が違いますね。

続きを読む

Boz Scaggs – We’re All Alone

Boz Scaggs、3回目はSilk Degrees収録のバラード。邦題「二人だけ」

ギターはなく、この後TOTOを結成するデヴィッド・ペイチ、ジェフ・ポーカロ、デヴィッド・ハンゲイト3人の演奏にオケがついているものです。

僕がやると全打ち込みになるので少し躊躇しましたが、素通りするのも何なのでやってみました。

続きを読む

Boz Scaggs – Hard Times

Boz Scaggs、2回目は1977年のアルバム、Down Two Then Leftより。

演奏データを見ると、ドラムがジェフ・ポーカロ、キーボードは後にWe Are The Worldをクインシー・ジョーンズと共にプロデュースするマイケル・オマーティアン、そしてギターが3人、レイ・パーカー・Jrとジェイ・グレイドンとボズ自身

続きを読む

Boz Scaggs – Lowdown

今回からBoz Scaggsを何曲か取り上げます。

プログレが下火になってしまった後に聴いていたのがフュージョンでしたが、その頃はやっていた音楽としてアダルト・コンテンポラリー(日本ではアダルト・オリエンテッド・ロック=A.O.R.と言ってました)というのがありました。2月にやっていたHall and Oatesもそうでしたが、ボズ・スキャッグスもその類。

どちらかというと、フュージョンのほうがメインだったのでこっちは常識程度でしたけど。

続きを読む