aiko – カブトムシ

引き続き、本日2曲目。ジャムスペース用の曲です。

1999年発売ということで、もう20年以上前なのか。

なんとなくTVで流れているのを聴いている程度でしたが、今回コピーしてみると、なにやら面白い曲だなぁと思いました。

まず、気づいたのがメロトロンが使われていること。なんで気づかなかったんだろう。プログレセンサーがピコんと反応してしまいました。ストリングスとフルートね。

1999年なので、当然プログレ全盛期のように「しかたなく」使っているのではなく、狙って使っているんですよね。そして、サビ前にひゅーーんってピッチベンドしている所があるんですが、これ、ストロベリー・フィールズ・フォーエバーでの有名な使い方のパクリですよね。チューニング微調整用のテープスピードを動かしてピッチベンドしてる。

そう言えば、この曲のリズムもリンゴのドラムのように半分跳ねてるリズム。音色はゲートリバーブ使っていてだいぶ違いますが。

あれっ? これはビートルズのオマージュなのか? カブトムシだけに。

ギターですが、クランチ気味にしてアルペジオを交えて弾いてます。汚い音ですが、それがカッコいいという事なんでしょう。

全体的にサウンドはモゴモゴしています。なんですが、aikoさんの突き抜ける歌声が入るとベストマッチしています。あぁ編曲家の島田昌典という方の趣味なんですね。僕と近い年代だし。

で、こういうアレンジになったのはaikoさんの不思議なコード進行がジョンレノンを想起させたからなのかなぁと邪推してしまう。特に「生涯忘れる」の所、簡単なコードではあるのですが、なんでそのコード進行でそこにハマるの? というぐらい不思議サウンドです。

ということで、y-bassさん、yukaさんとのコラボバージョンをどうぞ。上記の思い入れの分、同時にやった三日月よりこっちの方に熱が入ってしまったかも。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です