10cc – The Wall Street Shuffle

10cc 1974年のアルバムSheet Musicのオープニング曲です。

Sheet Musicは2枚目のアルバム。1枚目のアルバムはあんまり良い曲が無くて、ビーチボーイズのパロディみたいなアルバムだったのですが、この2枚目はオリジナル色が強くなって10ccらしい曲が満載です。

ウォール・ストリート・シャッフルというタイトルは、ご存じニューヨークの金融街の事を歌っているのですが、曲はシャッフルじゃありません。これは、札束をシャッフルしているのです。

作曲はスチュワート-グールドマン組、いわゆるポップス組の方。サウンドもポップだし、エレキギターもギンギンに入っています・・・が、アドリブは一切ないですね。

やはりロックというより、ポップスバンドなんですよ。
そして、無駄な音をすべてそぎ落とした潔さ。

ギターの音色はギンギンなんですが、出さない時は100%カットです。

これに反して、ピアノはエレピ以外に生ピアノも重ねてる感じではあります。

途中1回しか出てこないメロディでシンセベースをみょんみょんと使ってコミカルさを出し、その後さりげなくギズモを入れてます。なかなか効果的。

Oh,Howard Hughesと歌うメロディ、ここも1回しか出てきませんが、おそらくメロトロン。それもフルート系とストリング系を重ねてます。贅沢な使い方ですね。

やっぱり、長尺なロックではなくて3分勝負のポップスは一瞬に掛ける濃度が違うなと思います。

と書きましたが、割と長めの間奏およびエンディングがあります。しかし、延々ピアノがリフ弾いてます。ギターは2小節に1回ジャーンと鳴らすだけ。ふつう、何かしらソロを入れたがると思うのだけど・・・

やっぱり方法論が違うのね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です