放課後ティータイム – ぴゅあぴゅあはーと

けいおん!6曲目。ぴゅあぴゅあはーと です。

僕がけいおんのアニメで最初にみた2期7話、澪ファンクラブのお茶会で登場した曲。けいおんで最初に聞いたのが(オープニングは除く)この曲でした。

7話のお話もボーカルも澪メインなので、けいおん!のヒロインは澪なのかと勘違いしたくらいでしたが、この回がそういう作りだったのね。

併せてシングル出したので、作成委員会がヒットを狙ったと言ってしまえばそれまでですが、GoGoManiacとは違うタイプの曲で、なかなか良かったのではないでしょうか。

まず、ピアノがサウンドのベースになっています。といってもバラードではありません。ロックしてます。でもピアノが埋もれない音作りになってます。

梓ギターが地味に活躍してますね。オープニングはオクターブでカッティングしてリズムを作ります。Bメロのバッキングのフレーズ。サビもずっと細かくカッティング。

コードですが、Aメロの最後、E→F#となるところベースはF#なので、EonF#を作ってます。ちょっとかっこいい。

サビの2つめ、ピアノはD#augですがギターはD#でぶつけてます。ロックですね。

ギターソロの所はAに転調してG#m→Gと下がってE→F#と戻ります。

その後の中間部、ときめき探すよの「よ」の所、F#m7でベースがB。ここ1回しか出てこないんですが、おしゃれです。

やっぱり匠の技だなぁと思わせる作りですよ。こういうのを最初に聴かされたからハマったのかもしれませんね。(いや、アニメが面白いからです。)

しかし、恥ずかしいぞこのタイトル。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です