Paul McCartney and Wings – Mrs. Vandebilt

今期Paul McCartney 3曲目。Band on the Run A面4曲目。

またまた生ギター入りな曲。やはり数年前に頓挫したわけだ。

生ギター中心だと、ベースのフレーズが良く聴こえます。ポールのお得意なフレージングだけど、ずーっと弾いてるの何気にすごいなぁと思います。

Wingsの音って、RAMの頃に比べると、全体的に簡単になっているような気がするのだけど、やはりリンダをメンバーに含んでいて、なおかつライブを想定しているというのが大きかったのだろうなと思います。

この曲もエレピが活躍し、存在感が大きいですが、そのパートは簡単にできてます。

コピーして思ったのが、曲の構成が複雑ってこと。コードワークは単純なのにね。
ただ、循環コードがAm-Em-E-Amということで、メジャー/マイナーが入り混じってます。

サビに行く手前のベースラインなんですが、A-G-F-E-DじゃなくてA-G-F#-E-Dってメジャー的なスケールを使ってます。ちょっと違和感があります。

間奏ではこれに続いてギターがアルペジオ的に流れて、コーラスにつながるくだりは実にきれいですね。同じような展開が最後の方にもあるんですが、ここは歌入り。歌があるのにギターの音はでっかい。さすがだ(何が?)。

生ギターは左右で少しだけ違うリズムパターンで弾いてます。特に左側、リズムをつけるようにシャキシャキ切るんですが、Am-Em-E-Amのローコードなので、開放弦主体です。左手でミュートできないので、右手で弾いては偶数拍で手を押し付けてミュートしなければいけないのでそこだけ気を使います(でもあまりうまく行ってないかも)。

今回、生ギターは2テイクともに1曲通しで弾ききりました。これは僕の宅録ではめったにできていないことで、かなりレアです。え?、そんなの普通だって? まぁそうなんだけど。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です