松任谷由実 – 残暑

今期ユーミン2曲目。1990年のアルバム、天国のドアより

ユーミンはこの時期シングルを出しておらず、アルバムのみの発売であったからか、ヒットチャート的な記憶はないのですが、このアルバム、200万枚を記録しているとのこと。

カルロス・トシキ&オメガトライブに提供した時はかげろうなんてのも入っていますが、他は記憶にありません。

今回は改めて聴いてみて「これだ」と思うのを選択しているのですが、正解なのかどうかは分かりませんね。

リズム楽器以外はシンセを多用した音作り。

元々麗美さんに提供した曲ということで、そっちも聴いてみましたが、そんなにアレンジは違わないですね。

ポイントは、琴のようなエスニック系な音色をピッチベンドしながら使っているのと、サビでエレピに加えてシャラランという音を加えていること、パーカッションにクリスマスの鈴のようなアクセントを使っていることかな。

間奏後、サビがリフレインになってますが、最初だけベースがなくて、ここだけの音色を使ったアルペジオになってます。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です