Boz Scaggs – You Can Have Me Anytime

Boz Scaggs、7回目はMiddle Manより。

邦題はトワイライト・ハイウェイ。
曲調からWe’re All Aloneと同系統の曲として比較されますが、僕はこっちの曲のほうが好み。

ピアノの他にエレピで補強され、よりA.O.R.風に仕上がっているし、なんせ、A.O.R.の代名詞たるデビッド・フォスターとの共作。キーボードも弾いてますし。

今回、一番苦労しているのはやはりオーケストラ部分ですね。We’re All Aloneの時も、何やらストリングス以外よくわからないと書いたけど、今回もそんな感じ。いや、ストリングスさえも、どこまで低音が入ってるのか分からないし。

弦以外に聴こえるのはホルン系、ギターソロ直前の一瞬だけ激しいブラス、木管はオーボエ、盛り上げ役としての要=ハープ・・・くらい? まさかそれだけってことはありえないのだろうけど、聴こえるのはそんなものです。

弦で特徴的なのは、ずっと入っている訳ではなく、すーっとフェードインしてきてすぐにフェードアウト、これを何回も繰り返します。ストリングセクション自体のダイナミクスでそうしているのか、はたまたそのようにミキシングしているのかは定かではありませんが、少なくともこれを打ち込みで表現するために、細かなフェーダーコントロールが必要となります。

これをちゃんとやらないと音がブチっと切れて、とても違和感があります。

さて、今回もほとんどが打ち込みですが、100%ではありません。終盤にギターソロがあるからです。なんとサンタナがやっているんだって。

う~ん、ハンマリングによるラテン系のコブシがありますね。確かにサンタナです。すごいキャスティングですが、ハマってますね。これは名演かも。


2019/08/16追記

YouTubeにギターなしバージョンのリクエストがあったので作っときました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です