TOTO – Pamela

TOTO、1988年のアルバムThe Seventh Oneのオープニング曲です。

僕が取り上げる作品としては、比較的新しめの曲になります。と言っても88年だから30年近く前なんですけど。

ボーカルが3代目のジョセフ・ウィリアムスです。その当時、とっても若造臭がプンプンしていて、他のメンバーより浮いている感じがしないでもなかったんですが、スティーブ・ルカサーと3歳しか違わないんですね。そんなものか。

2010年以降の再結成以降、ジョセフ・ウィリアムスがボーカルなんですが、このライブ映像を見ると、若造が渋いオヤジになっていて、結構いい感じです。

この曲は大ヒットしたIVの頃を意識してる感じがします。TOTOのリズムはシャッフルが持ち味ですが、Rosannaに比べるとかなりテンポが速い曲です。

この速いテンポでタッカタッカとギターがバッキングリフを刻んでいますが、僕はこれがなかなか乗れないんですねぇ。

このドラムにキーボードも前に食ってフレージングしてるんで、意識しないと置いてきぼりになります。

シンセブラスは似たような音を2音色使っている模様。キーボードがソロを取る所で聴き分けられます。このシンセに近いほうの音色でヒュ~~ってフェードインしてくるバッキングもいい感じですね。

サビはシャッフルを感じながらも8ビートを刻みます。コーラスも捨てがたいし、この曲の要だと思います。

オープニングは歌本編と違うメロディですが、キーボード、ギターの間奏の後、1回だけ再登場します。

エンディングはピアノをちょっとブルージーにしてギターを絡ませてフェードアウト。なんかRosannaと作りが似てますね。

————
さて、この曲で僕のYouTubeへのアップロードは200本となりました。
パチパチパチ!

しぶとく続いてます。どこまで頑張れるやら・・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です