松任谷由実 – A HAPPY NEW YEAR

今期ユーミン9曲目。1981年のアルバム、昨晩お会いしましょう より。

コラボチャンネル「ジャムスペース」にてリクエストがあったこともあり、録音しました。

恋人がサンタクロースと併せて、この時期のユーミンの定番ですが、これまでやっていなかったのは、明らかにピアノの曲、だからかも。でも、うっすらギターも入ってました。

やってみて思ったのは、やっぱりこの人普通じゃない、ということ。

ストリングスが重なってくると、それがよりいっそう感じますね。なんかCTIレーベルの何かに出て来るようなストリングスなんですよね。

影の立役者がスレイベル。これを入れれば、もれなくクリスマスソングになるという鈴の音。年越しの曲はクリスマスが終わってからが本番なのですが、スレイベルが入っていてもクリスマスではなく、年越しのサウンドになってますね。

ピアノの弾き方はかなり練られています。右手、左手、結構近い位置で弾いてますが、音の選び方に無駄がないというか、ハーモニーとリズムを作るのに必要十分な演奏になっています。前半は高めの音を使って弾いてますが、後半ではオクターブ下がります。

2 thoughts on “松任谷由実 – A HAPPY NEW YEAR

  1. Rachel

    Cクロスのセイリングのスケール面白いと思って、ヒントにしたみたいですね

    返信
    1. 柊しじま 投稿作成者

      情報ありがとうございます。クリストファー・クロス聴いてみました。終盤の間奏あたりがそれっぽい気もしますが、それほど似てはいないですね。ユーミンのオリジナル率は高いと思いました。

      返信

柊しじま へ返信する コメントをキャンセル

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です