松任谷由実 – 瞳はどしゃ降り

今期ユーミン4曲目。1992年のアルバム、TEARS AND REASONSより

アルバムタイトルからすると、一番それに近いのかな? という曲。

今期やっている平成になってからのアルバム、サウンド的には皆同傾向かなと思えます。シーウィンドのホーンセクションとシンセを多用している感じ。

この曲もそういう曲の1つでしょうけど、ちょっとおもしろいのが、ギターにリバーブを深く掛けて、ベル系の音色に寄せていること。どっちがどっちだか分からないくらいに絡ませて使っていること。

なので、ギターを弾いていても、本当にギターでやってるのかシンセまで弾いてしまっているのかがよくわからない。一応、耳コピしたうえで、運指を考えながら、無理なく弾けるということを確認しながら音を確定しています。

こちゃこちゃと色々シンセは入ってるようなんですが、Comp1、Comp2と称するトラックが発する音はもっと多いんじゃないかなとも思いますが、ミキシングとして小さすぎると聴こえないので採れませんし。

ブラスはあまり複雑には使っておらず、せいぜいオクターブユニゾンで合いの手を入れているくらいです。

歌はハモる部分が多いです。クレジットを見ても、別のコーラス隊ではなく、すべてユーミンの声らしいので、あまり入れない方がよいと思いました。いちおうサビの部分の補強だけ入れてあります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です