Stevie Wonder – Saturn

Songs In the Key of Life Bonus EP面1曲目。

土星をある種の理想郷的に描いている曲なのかな。
実際は違うわけだけど、輪のある神秘の星として想像を膨らませます。

この曲もシンセベースを使っているのだけど、特徴的なのはやはりシンセをブラス的に使っているバッキング。ポリシンセかどうかは分かりませんが、音が左右に振られているのでモノシンセを使うのが似合ってます。

といいながら、左はモノ、右は2音ポリで打ち込みましたが、終盤はそれでも足りなくなって3台目を使いました。

ピアノは左手がずっとオクターブのベース的に響いていてそれがこの曲の土台になっています。Bメロで何か所か黒鍵グリッサンドが聴かれます。この人、使えるコードだと高確率で入れてきますね。というか、この当時のマイブームだったのかな。

ギターはコード弾きと思いきや、単音アルペジオが主体です。でも弾いてみると分かりますが、コードを押さえて自然にゆっくりアルペジオしてますね。控えめで、少しコーラスがかかってます。

この曲に限ったことではないのだけど、出だしのコードがF-G7で、G7がベースがFのままでGを弾きます。要は構成音はG7なんだけど、G on Fなんですね。普通によくある展開なのですが、G7とは別の味わいがあるんですね。

所謂分数コードではないのだけど、どういうことなのか、ちゃんと説明されている文書を読んだ事がないんです。まぁG7だと思えばいいんだけどさ。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です