MISIA – 果てなく続くストーリー

今回もコラボチャンネル「ジャムスペース」用にコピーした曲です。

MISIAの果てなく続くストーリー。2002年のソルトレークシティオリンピックのNHKでの番組テーマに使われた曲。6分を超える結構長い曲です。

僕の中でMISIAといえば、2000年のEverything。図らずも今(2020年7月)、使われたドラマ「やまとなでしこ」が再放送されています。

キリンジをやった時に、プロデューサーの冨田恵一さんが、このEverythingのアレンジャー、という紹介のされ方をしていたので、MISIAのメインのプロデューサーが冨田さんなのかと勘違いしていたのですが、どうもかかわったのはEverythingのみだったようですね。

MISIAさんは、この曲の作詞もしていますし、その後のアルバムではセルフプロデュースもするし、楽器もやるようだし、実に多才な人だったのですね、歌があまりにも見事なので、生粋の歌手なのかと思ってました。

さて今回の曲ですが、彼女らしい感動的に謳い上げるバラードです。編曲が服部隆之と書かれているので調べてみると服部克久さんの子ということで、なるほどねという感じ。

コードワークとオケの盛り上がり方が半端無い。

僕もオーケストラものをコピーすることは多いのですが、この曲ではストリングスが細かく使われていて、左右2トラック使いました。高音と低音ですね。

で、だんだん音数が増えていくのでなかなか判別が困難になってくるのですが、これは明らかにホーンだろうという部分はホーンのトラックにしています。本物のアレンジ的にこんな風に限定的にホーンが使われるはずはないと思いますが、これが自己流耳コピの限界ですかね。

で、特筆すべきは、通常歌の終盤で半音上に転調して盛り上げるのが定石なのですが、この歌、2回転調しています。しかも1回目は1度上(2半音)、2度目は流石に半音ですが、この時は弦を急上昇させて高い音を持続させ、リズムを1小節以上引っ張って盛り上げます。よく歌えるなぁ。

アレンジなのか作曲段階なのか分かりませんが、MISIAの曲、5度音が半音下がるAugment系(Alt系)のコードが要所で使われています。不安定な響きなのですが、これに負けない力強い歌声あってこそのワザなんだろうなぁと思います。

ということで、yukaさんy-bassさんとのコラボ版も併せてお聴き下さい。(というか、こっちの方がメインなのですけど)

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です