The Moody Blues – For My Lady

セブンス・ソジャーンから3曲目

フルートのレイ・トーマスの曲。

この人の曲、特徴的なので、すぐレイ・トーマスの曲って分かります。思わぬところでマイナーコードを使うのです。

最初の部分のコード進行がG-Dm-C-G、Gで始まってGで終わるのでキーはGかと思いきや、使っている音階はGミクソリディアン、Gから始まるソラシドレミファソです。だからF音の時にDmがハマるのです。

Gミクソリディアンって、要するに、ハ長調のドレミファソラシドと使っている音は同じです。サビのコードはC-Em-Am-Em-Dm–G–Cで完全なCのダイアトニック。転調してるんだかしてないんだか、おかしな感じになってますが、なんか上手くできてますね。

ちなみにCメロは、またまた意表をつくFmを使っています。この展開は童夢のOur Guessing Gameにも出てきます。この辺りがレイ・トーマスお得意のパターン。

さて、ムーディ・ブルースは原則作曲者がメインボーカルを取っているのですが、彼はフルート奏者のため、演奏と同時には歌えません。なので、ライブではオーケストラがバックについた時にこの曲をやると英語版Wikiには書いてあります。また、オーケストラがいないライブだとフルートをキーボードで代用・・・とも書いてありますね。

僕の耳が正しいとすれば、この曲、木管系の3声ハーモニーとフルート、さらにアコーディオンっぽい音、ストリングスが入ってます。そんなに難しいことをやってるわけではないのですが、楽器構成は結構面倒くさいのです。

まぁ80年代以降の進化したキーボード群を使えばなんてことないんでしょうが、それってムーディブルースっぽくないしなぁ。

僕、パトリック・モラーツがいた頃のムーディブルース、何も知らないのです。ゴメン。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です