The Moody Blues – New Horizons

セブンス・ソジャーンから2曲目

ジャスティン・ヘイワードの情感いっぱいの曲。

キーはF、使われているコードはF、Gm、Am、Bb、C、Dm。
絵に描いたように標準的なダイアトニックコード。何のひねりもありません。

所謂ロックじゃなく、完全なポップスですね。

考えてみれば、ムーディーブルースの曲ってそういう普通の曲が多いのかも。となれば、彼らの非凡なところは、そのメロディラインとか、謳い上げる力みたいなところなのかな。

アコースティックギターが、きれいに使われています。特にイントロとAメロが重要なので、またAmplifi TTを使って補強しております。

そしてもう1つ。ムーディブルースの典型ともいうべき甘ったるいリードギターのハモリが入ってます。甘いけど深いディストーションがかかっていて、いくらでもサスティーンが効くように伸びる。僕が好んで使う音色ではありませんが、これが彼らの音色です。

曲のラストはリフレインの繰り返しですが、最後はゆっくりになって長調のDで終わります。これで次の曲のイントロにスムーズにつながるようになっています。この辺りはさすが。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です